学校の机の調整機能

学校の机で重要視されること

学校の机は適性サイズを使用する

学校の机には高さの調節がある程度可能なものと、高さが固定されているもののタイプに分けることができます。児童生徒の体格に合わせて、適正なサイズのものを使わせてあげることが重要ですので、近年は高さ調整式の採用が増えてきています。基本的には実際に座ってみて使いにくい場合に申し出をして調節してもらうことができます。高さの変更ができない机の場合には、未使用のものと交換することとなります。児童生徒が自分から申し出ることが難しい場合は、保護者から担任の先生に相談するとスムーズです。学校によっては校務主事が担当している場合もあります。

自分の机の中は整理整頓を

学校で使用する机の中は、きちんと整理整頓をするようにしましょう。きちんと整理整頓ができていないと、どこに教科書があるかわからなかったり、使いたいプリントがすぐにでてこない場合があるからです。では、どのように整理整頓をすればよいでしょうか。それは、使わないプリントは早めに処分することです。もし、まだ学校の授業で使う予定であれば、プリントに合ったファイルにまとめるようにしましょう。机の中をきれいに保つ別のポイントは、箱やケースなどで仕切ることです。教科書用、筆記用具用、その他の文具用品などに分けましょう。

↑PAGE TOP